TS-Drive

ts_drive

写真を見ていただければわかる方もいらっしゃると思いますが・・・

エフェクターの名前、フォルムは某F○lltone社のF○ll-Driveを参考に・・・というか、パクらせて頂きました。

で、中身の回路なんですが、某F○ll-DriveはほぼTS系の回路だったので、こっちはオリジナルのTSにしました。tonepadさんの回路図を参考にさせて頂きました。

主な改造は
①DPDTのスイッチを追加して(写真:1番上のトグル)、TS-808とTS-9とを切り替えられるようにしました。
②真ん中のトグルは回路図で言うと「IC1a」の上のクリッピングダイオードを、シリコンとLEDとで切り替えられるようにしました。
③ディストーション系のクリッピングダイオードも追加しました。

回路図で言うと「IC1b」の後の「1k」と「100kB」の間に一方をつないで、一方をアースに落としてます。
これも、上と同様にシリコンとLEDとで切り替えが出来るようにしました。(1番下のトグル)

本家の方にはさらに「BOOST」というスイッチがあるので、こっちは松美庵さんのサイトにある「Fetzer Valve」というお手軽なブースターをTS回路の後につなぎました。

見た目は結構気に入ってます。

音は・・・
いたって普通のオーバードライブですね。
普段使いにはもってこいの作品になりました。

ちなみにワタクシはドラマーです。
なんでエフェクターを作っているのかは、作っている本人でさえ、よくわかりません・・・。

by 顧問

カテゴリー: エフェクター製作記